2011年12月18日日曜日

サタゼウスSteam版にSecuROMは搭載しません

グラディウスライクな日本発同人シューティングゲーム”サタゼウス”が今週Steamでリリースされたのだが、Steamの販売ページで、SecuROMというDRMが搭載されることが表記され、異なるPC間では5回までしかアクティベートできないと説明されていた。一般的に、安価なインディゲーム(同人ゲーム)でSecuROMの様な強いDRMは珍しいことだ。
しかし、サタゼウスの海外でのローカライズとパブリッシングを担当するNyu MediaはSteamのSecuROM表記は間違いであったことを認め、secuROMは搭載されないことを明かした。


現在サタゼウスのSteam版販売ページではSecuROMの表記は消えている。


ソース
Nyu Mediaのポスト




「たった$6のインディゲームにDRMとは何様だ」みたいな人がsteamのフォーラムにたくさんいたのですが、間違いでよかったですね。ところでNyu Mediaっていう会社を初めて知ったんですけど、日本の同人ゲー専用のパブリッシャーで、カプコンと協定を結んでこれからどんどん国外で販売していくそうですよ。インディゲームが活発になってますから、日本の同人ゲームも盛り上がるといいですね。
そうそう、これだけサタゼウスを紹介しておいて何ですが、Steam版は日本から買えません :(
DRMより前にすることがあるんじゃないでしょうかね・・・

サムネイル(大)
Youtube:Link
広告

0 件のコメント:

コメントを投稿