2011年9月3日土曜日

MinecraftがSteamでリリースされない理由



Block of Grass  
image by nexthttp



 インディーズゲームなのに、世界的に大ヒットしたMinecraft。なんで、、steamでリリースしないのかずっと不思議だった。だって、インディーズゲームが売れるには、steam等のダウンロード販売が一番手っ取り早いじゃん。すくないコストでめちゃくちゃ宣伝になるじゃん。世界中の何万人もの人がsteamのtwitterやRSS、トップページを見るからね。

そんな中、 こんな記事があった。訳そうとおもったけど、既にいい感じに訳してる人がいたから、要点だけ。
 
Valveはプラットホームをコントロールしたい。minecraftはもっと自由にゲームを提供したい。この方向性の違いが問題。たとえば、steamでは(Valveを満足させながら)マントを売ったり、マップのマーケットをminecraft.net に作ったりすることはできない。よって、一部のプレイヤーだけが全てのコンテンツにアクセスできるという、コミュニティの分断が危惧される。
僕はminecraftをやったこと無いので、マントを売ったり、マップのマーケットをminecraft.netに作るというのが、どういうことか分からないが、minecrafはminecraftの管理下で色々やりたいのだろう。

でも、steamで売らないって、すごいデメリットだと思う。世の中には、Direct2Driveでセールがあっても、steamでセールがあるまで買わないっていう人が少なからずいる。「同じ値段ならsteamで」という人も多い。それほど、私たちはsteamに毒されている。steamで売らないのはプレイヤーにとっても開発者にとっても不幸な事に感じる。だから、steamには是非、よりオープンに、より、自由になってもらいたい。

ところで、micecraftは冬にXBOX360バージョンを予定しているわけだが、理屈で言えば、xboxはsteamより自由ということになるのだろうか。なんでも、kinectに対応してるらしいが。




今日の音楽

なんか今日のブログは、いつもにまして、面白くないなあ。駄ポストだ。もっと面白い事書かなくっちゃ。
広告

0 件のコメント:

コメントを投稿