2011年11月23日水曜日

Indie Royaleが博打みたいなことを始める

Indie Royalが次期インディゲームパックを”内容不明のまま”$3.99で予約販売するというちょっと何言ってるか分からないことを始めた。

この内容を紹介するまえに、まずIndie Royalについて説明したい。Indie RoyalはHumble Bundleと同じように「複数のインディゲームをまとめて売るから、好きな値段で買ってくれ」というゲーム販売サイトなのだが、最低価格が決められており、Humble Bundleのように1centで手に入るということは無い。また、この最低価格は誰かがゲームを買うごとに吊り上がっていく。よって、基本的に”時間が経てば経つほど、値段が上がる”と思ってくれていい。基本的にと書いたのは、最低価格より多めに払うと、他の人の最低価格を下げることができるから。

さて、本題に戻り、Indie Royalがなぜこんな事を始めたかを説明したい。まず一つは、消費者の時間を拘束したくないため。Indie Royalのシステム上、安くゲームを買おうとするには販売開始時にパソコンの前で”待機”しなくてはならない。あなたが、コンビニに行こうものなら、不意に寝てしまったらなら・・・値段はみるみる上がっていくのだ。でも世の中そんな暇人ばかりではない。だから、最安値($2.99)よりはちょっと高いが、そこそこ安い値で”予約”できるようにした、というわけだ。

もう一つの理由は、(Indie Royalのページには書かれていないが)極端なトラフィックを減らしたいという思惑があるようだ。上記したように、より安く手に入れるためにはセール開始と同時に購入する必要がある。結果として多くの人がセール開始と共に”群がる”のだが、この無数のアクセスがIndie Royalのサーバーの処理能力を超え、サイトが落ちてしまうことがある。事実、Indie Royalの"Difficult 2nd Bundle"ではダウンが続発した。予約購入という形で瞬間的なアクセスを減らせば、サイトの安定化につながるというわけだ。

Indie Royalの次期セールは約一週間後に始まる。このギャンブルにかけてみても面白いかもしれない。クソゲーが来ても、既に持っているゲームが来ても恨みっこ無しである。

ソース
Indie Royal




何のゲームが来るかわからない、福袋のような今回のギャンブル予約ですが、もしかしたら当のゲームよりこのわくわく感のほうが面白いかもしれないですね。あ、でも僕は乞食なので買いません。やっぱり1セントで買えないとね :)

Amazon
賭博黙示録カイジ 全13巻 完結コミックセット(ヤングマガジンコミックス) この勝負運否天賦じゃない・・・・・・ YouTube
広告

0 件のコメント:

コメントを投稿