2011年10月14日金曜日

League of Legendsの新チャンピオン、Graves, the Outlawのストーリー



Malcolm GravesはBilgewaterの酒場の裏で生まれ、アルコールの入ったミルクの瓶と共にそこを離れた。彼は海賊たちが闊歩するスラムで、ありとあらゆる汚い策略、トリックを使いながら少年時代を生き抜いた。彼は新しい人生を目指し、本土行きの最初の船にこっそりと乗り密航したが、世界の残酷な現実の前に様々な町で不道徳な生活の地下暮らしを強いられ、密入国はいつも辛く困難なものだった。
あるトランプでの大博打で、Malcolm GravesはTwisted Fateの向かいの席に座っているのに気がついた。そして彼ら二人ともファイナルハンドでフォーエースだった。どちらのイカサマ師も互角の腕を持ったイカサマ師と合うのは初めてだった。彼ら二人は同盟を結び、次から次へテーブルのカモたちがスッカラカンになるまで金を巻き上げた。彼らは一緒になって街中を回った - チップを、トランプを、犯罪記録を積み上げて。

不幸なことに、GravesはZauniteの高官でビジネスマンでもあるDr.Aregor Priggsから相当な額をだまし取るというミスを犯してしまった。Priggsが騙しの手口に気付いたとき、Priggsは復讐に燃えた。Twisted Fateが魔法をコントロールすることに全ての情熱を傾けていることをPriggsは知り、即座に彼に交換条件を申し込んだ: Gravesを差し出す代わりにTwisted Fateの願いを叶えてやるのだ。
Twisted Fateは取引に応じた - 彼とGravesの両者が彼らの取り分の賭け金を知っていたが、Priggsの話は魅力的すぎた。
PriggsはGravesを捕らえると犯罪人を収容する特別な場所 - より正確に言えば処罰する場所 - へGravesを連れていった。Gravesはどうにかそこを脱出するまで、Zaunで最もあくどい刑務所長の監禁に何年も耐え忍んだ。
勾留仲間の一人がGravesに彼の設計書のとおりにショットガンを改造した風変わりな鉄砲鍛冶を紹介した。Gravesはそのショットガンを"Destiny"と名付け、Priggsを訪ねた後、League of Legendsに2つのターゲットを見据え参加した:Twisted Fateと復讐だ。

"奴らはロッカーの中で強く感じていた:計画を練る時間以外何も無いわけではない" -Graves, the Outlaw


ちょっと、訳に自信がないです。そのうち誰かがwikiにうまいこと書いたやつを載せると思うので、雰囲気程度に。それか、wikiに載せる際に参考程度に。

広告

0 件のコメント:

コメントを投稿