2012年1月18日水曜日

日記 - 何ヶ月かブログをして分かったこと

ブログにおいてゲームブログっていうのは一大ジャンルなわけで、このブログもその一つなわけですが、何ヶ月かやってみて悟ったことを纏めたいと思います。


1.PVはなかなか伸びない

一般的には毎日ブログを更新していれば、PVは自然と伸びると言われています。確かにそりゃそうなんですが、コツコツ記事を書いても爆発的に伸びるわけではありません。
参考になるかわからないですが、このブログのPVの推移を載せておきます。

12月 5215 PV
11月 4585 PV
10月 2814 PV
09月 3349 PV
08月 437 PV <-この月後半ぐらいからゲームに関する記事を書いてた。最初のニュース記事は多分これ。それまでは月に数回日記書いてた。
07月 363 PV

30で割ればだいたい日のPVが分かると思います。12月、11月あたりはほぼ週に7記事ぐらい書いてた気がするのですが、毎日書いてもこんなもんです。


2.サボるとすぐPVは下がる

↑から分かるように10月のPVはがくっと下がってます。これは10月に入ってブログを書くモチベーションが下がって1週間ぐらい放置してたからです。今月(2012,1月)も、元旦に1記事書いて10日以上放置してしまったのですが元旦から昨日(2012 1/17)までのPVを見ると1774PVでした。12月のPVを考えると、サボるとすぐにPVに反映されるのが分かると思います。


3.アドセンスは儲からない。Amazonアフィリエイトはもっと儲からない

最近話題のステマ騒動でブログに広告を貼ると儲かるみたいなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、そんなもん極一部です。



アドセンスのスクリーンショットを見れば分かるように月に数百円程度の収益が関の山です。小学生の小遣い以下です。
アマゾンのアフィリエイトもこのブログにはペタペタ貼ってありますが、こっちはもっと悲惨です。規約上公表してもいいのかどうか分からないので具体的な数字は控えますが、月に1つか2つ売れるかどうかってところ。ちなみに自分の利益となるのは売り上げの3.5%です。LOL!
アフィブログで左団扇、そう思っていた時期が僕にもありました。


4.リンクなんて滅多にされない。Twitterはデカイ。

数ヶ月精力的に更新したところでそんなブログだれも気にしませんし、ましてやリンクしようなんて誰も思いません。たまにブログでズラズラとリンクしている人がいますが、あれはおそらく知り合いか、どちらかが相互リンクをお願いしているのだと思います。逆に言えば、知り合いも無し・他人と絡む気もない人はリンクなんていつまで待ってもされません。ましてやお気に入りなんて!
しかし、リンクを見せることは簡単に出来ます。そう、SNSを使って。僕は数回呟く程度でTwitterをやっていてフォロワーは50人程度ですが、Twitterからのアクセスは無視できないレベルであります。Twitterって強力なスパムツールなんですね:)


5.どんな記事が人気出るのか予想もつかない

記事によって書く時間のかかり方は全然ちがうもんです。時間をかけて上手いこと書けた!と思う記事が全然読まれない、なんてよくあります。例えば、最近SOPAの記事を書きましたが、この記事は結構気合入れて書きました。しかし、5分ぐらいで書いたCiv5の記事のほうがよっぽど人気です。



上に書いた5つの事は「能力も文才もない人がゲームブログを書いたら」という前提なので、PCゲームではなく家庭用ゲームのブログなら違うのかもしれません(分母が全然違う!)。あまりアテにならないかもしれませんが、もしあなたがゲームブログを立ち上げようと思っているなら何かの参考になれば幸いです。

-----------追記
一部不適切な表現が合ったので削除いたしました。
関係者の方にはお詫び申し上げます。
-----------追記終わり
広告

2 コメント:

  1. 初めまして

    あそこは法律的にも際どい事し過ぎで
    いずれ良くて自爆か炎上、最悪法的処置取られて終わると思いますよ。

    SOPAの記事拝見しましたがどうも他ゲームブログ見ても日本では無関心な空気が流れていて対岸の火事状態なのが凄い心配です。

    返信削除
  2. >匿名さん

    初めまして。

    おっしゃるように、forsteamer無くなっちゃいましたね。世間的にはマイナーなPCゲームというジャンルを、広く紹介しようとした点は良かっただけに、2ch転載と他人の記事丸パクリさえ無ければ・・・と、個人的にはちょっぴり残念な気持ちもあったりします。

    SOPAについてですが、wikipediaの件もあってTV等でも紹介されるようになってきました。これを機に日本でも自由なネットと著作権の問題について議論が盛り上がればいいですね。

    返信削除