2011年12月29日木曜日

LANパーティーの為のお家

今日は面白いニュースがなかったので、軽めの記事で。


LANパーティーってご存知ですか?自分のPCを皆が持ち寄って(BYOCと言うそうです)一緒にゲームを遊ぶという一種のパーティーなのですが、QuakeConとかDreamHack等有名なパーティーで知っている方も多いかもしれません。いかにもナード・ギークな感じの人がレッドブル片手に、半分逝った状態でゲームをやってるアレです。国内だとTokyoGameNightが有名なのかな?

そんな、海外では割とメジャーなLANパーティーですが、この世にはLANパーティーに最適化された家があるそうです。


この素敵な家をお持ちなのはKenton Vardaさん。なんとチーム戦ができるように2部屋に6台づつのPCが組み込まれているそうです。ちなみにスペックは
CPU: Intel Core i5-2500 
GPU: MSI N560GTX (nVidia GeForce 560) 
Motherboard: MSI P67A-C43 (Intel P67 chipset) 
RAM: 8GB (2x4GB DDR3-1333) 
Monitor: ASUS VE278Q (27" 1080p)
だそうです。うーんリッチマン!
また、この他にもサーバーPCや、Starcraftのプロ試合を鑑賞したりコンソールゲームを遊ぶための59インチと55インチの大きなTVもお持ちだそうです。はぁ、羨ましい。


一般庶民の方々、希望を捨てないでください。ここまで家を改造するのに掛かったお金は12台のPCとそれほど変わらないそうです。どちらにせよ高額なのは違い有りませんが(;´Д`)


「こんな素敵な家をもってるこいつはさぞ金持ちに違いない」とお思いに?彼は確かにお金持ちの部類ですが、ウルトラリッチではないそうです。気になる彼の職業は - あなたも普段使っているあのGoogleの - ソフトウェアエンジニア。彼と同等のお給料をもらっている幸せものは、同じような家を作ってもいいかもしれませんね。



ソース via Kotaku


amazon

MOTHER2 ギーグの逆襲

広告

0 件のコメント:

コメントを投稿