2011年10月23日日曜日

PC版Batman: Arkham Cityの動作環境が発表


Geforce.comにてBatman: Arkham Cityの動作環境が発表されました。

最小動作環境
  • OS: Microsoft Windows XP, Vista or 7
  • CPU: Dual-Core CPU 2.4 Ghz
  • メモリ: 2GB
  • Graphics Card: NVIDIA 8800 or ATI 3800 with 512MB of VRAM
  • Sound: Microsoft Windows XP/Vista or 7 compatible sound card (100 per cent DirectX 9.0c-compatible)
  • DVD-ROM: Quad-speed (4x) DVD-ROM drive
  • Hard Drive: 17.5GB free disk space
  • Input Devices: 100 per cent Windows XP/Vista or 7 compatible mouse and keyboard


推奨動作環境
  • OS: Microsoft Windows 7
  • CPU: Dual-Core CPU 2.5 GHz
  • RAM: 4GB
  • Graphics Card: NVIDIA GeForce GTX 460 or ATI Radeon HD 6850 with 768MB+ of VRAM (DirectX 11 compatible)
  • Sound: Microsoft Windows XP/Vista or 7 compatible sound card (100 per cent DirectX 9.0c-compatible)
  • DVD-ROM: Quad-speed (4x) DVD-ROM drive
  • Hard Drive: 17.5 GB free disk space
  • Input Devices: 100 per cent Windows XP/Vista or 7 compatible mouse and keyboard or Xbox 360 Controller for Windows

BF3やRageと同じくGeforce 8800あたりからなんですね。

ところでBatman: Arkham CityはPhysXという物理エンジンに対応しているのですが、PhysXは現状、NvidiaのGeforceシリーズでしか利用できないので、「GeforceもRadeonも両方持ってるぜ!」というリッチマンは是非Geforceで遊んでみてください。


動画サムネイル
Link: YouTube


なお、Batman: Arkham CityのPC版は11月18日[ヨーロッパ] 15日[北米]に発売予定ですが、海外ではコンソール版が一足早くリリースされています。また、日本でのコンソール版発売日は11月23日です。ソース


[Amazon.co.jp]
広告

0 件のコメント:

コメントを投稿